安全なオンラインカジノ【ワイルジャングル】で楽しくプレイ!TOP > いろいろなカジノゲームで遊んでみよう! > ルーレットはカジノの女王!

ルーレットはオンラインカジノの定番ゲーム

ルーレットといえば、ブラックジャックやバカラとともに、テーブルゲームの定番ともいえるカジノゲームです。


ルーレットのルールはかんたんです。
ウィールを回転させたあとに、玉がどこに止まるのかを予想するだけです。

ピンポイントで当てれば、最高の配当(35倍)を得られます。
また、赤か黒、偶数か奇数のように、大まかな範囲を指定することも、もちろん可能です。

当然のことながらピンポイントで当てれば配当が高くなり、確率が2分の1の賭けで当たったときが、もっとも低い配当(1倍)になります。難易度によって、配当が異なってくるのは当然といえるでしょう。

上記画像は、ワイルドジャングルカジノのヨーロピアンルーレットです。回転中のボールが見えますね。

静止画だとわかりづらいですが、実際にプレイしてみると、その光沢といい、ボールが回転する音といい、実際のランドカジノそのものです。まさにプレイテック社のソフトウェアの緻密さを物語っていますね。(マイクロゲーミングやクリプトロジックでは、太刀打ちできないレベルです)


ヨーロピアンとアメリカンの2種類がある


ルーレットにはヨーロピアンタイプとアメリカンタイプがあります。
その違いは、00があるかないか、だけです。00があるタイプ(全部で38個)がアメリカンルーレットで、00がないタイプ(全部で37個)がヨーロピアンルーレットになります。

下の画像は、アメリカンタイプです。


左右が逆転していますが、実際には、さほど違わないことがわかるでしょう。
数がひとつ少ないぶん、ヨーロピアンルーレットのほうが勝ちやすいといわれています。

ですから、ワイルドジャングルカジノに登録したあとは、まずはヨーロピアンルーレットから始めるといいかもしれませんね。

ルーレットに勝つための戦略としては、マーチンゲール法やバーレイ法などがありますが、初心者のうちは、好きなところに置くとよいのではないでしょうか?

たしかに確実にルーレットで儲けるのなら、上記のような戦略を駆使する必要がありますが、それほど肩肘を張らずとも、赤か黒のように、確率2分の1に賭ければ、かんたんに稼げるのがルーレットのよいところです。

「赤か黒」のほかにも、「偶数か奇数」「ハイかロウ」のように、確率が2分の1の賭け方をすれば、さほど負けることはないと思います。このような賭け方は、1倍の配当が得られるので、イーブンマネーベットといいます。(元の掛け金が1ドルなら、2ドル返ってきます)

上の画像のはじに、縦長の黒い枠がありますが、ここを見れば、いままでどのような数字や色が出たのかがわかります。これを見ながら、次に出る数字や色を予想するといいかもしれませんね。(実際にはランダムに出るので、「必ず」ということはありません。確率論から推測することになります)

でも、これはあくまで目安です。
なれてきたら、赤か黒(レッド/ブラック)や偶数か奇数(イーブン/オッド)だけではなく、たまにはピンポイントで一箇所をねらってみたり(ストレートアップ)、3等分したダズンベットやコラムベットをねらっていきましょう。

ちなみにダズンベットとは、「最初の12」「真ん中の12」「最後の12」と書かれている場所です。コラムベットは「2倍」と書かれているところです。

なお数字の上に直接置く賭け方をインサイドベット、数字の上に直接置かない賭け方をアウトサイドベットいいます。当然のことながら、インサイドベットのほうが配当が高くなります。


至上の美しさを表現した3Dルーレット


ワイルドジャングルカジノには、3Dルーレットという、さらに美しいグラフィックのルーレットが用意されています。これを実際に見たら、ゲームよりも、そのグラフィックの美しさに、ほれぼれとしてしまいますよ。


ワイルドジャングルカジノは、プレイテック(PlayTech)社のプラットフォームとなっているので、繊細なところまで表現していることが特徴です。

最後にウィールが止まるとき、ボールがランダムにあちこちに転がるところは、本物のルーレットなんじゃないの?と思ってしまうほどの出来栄え。あっちに行ったかと思ったら、こっちに戻ってきてという、すばらしい演出となっています。

ルーレットはカジノの女王といわれるほどの品格をもっています。
ルールもかんたんなので、ワイルドジャングルに登録したら、まずはルーレットから遊んでみましょう。